The Museum Of Flight Restoration Center & Reserve Collection, Paine Field, Everett WA U.S.A.

アメリカ・シアトルに本社があるボーイング社には、毎年多くの日本の航空機マニアが訪れるBoeing Future Of Flightがある。また、ここパイン・フィールド(Paine Field )空港の周辺には第二次世界大戦中のWar Birdsが展示されているFlying Heritage CollectionやHistoric Flightなどの魅力溢れる航空博物館も点在している。

この度訪れたのは同空港のジェネラル・アビエーションエリアにあるRestoration Center & Reserve Collection。表向きは航空機マニアが喜ぶ飛行機グッズを扱っているショップであるが、実はボーイング・フィールド(Boeing Field)敷地内にあるThe Museum Of Flight へ納める航空機を修復・修繕しているハンガーを持ち、米国では珍しいComet(コメット)旅客機とアメリカ初の超音速機/SST Boeing 2707のモックアップが保管されている。


1988年にオープンしたRestoration Center & Reserve Collectionは23,000スクエアーフィート(約640坪)の敷地に現在7機の航空機が修復・修繕中である。また、このハンガーでは常時20名のボランティアが修復・修繕の仕事に従事し、機種ごとに3-5名のチームに分かれて作業をしている。

現在、The Museum Of Flight に展示されているB727-022/N7001U,B247D/NC13347,

Vought XF8U-1 Crusader や今後展示されるB−52G/59-2584などもここから巣立った機体である。


未来を創造 アメリカ製SSTを発見

Boeing 2707/SSTのモックアップは胴体部分と機種部分が無造作に置かれておりすぐに判別ができなかった。ボーイング(Boeing)社は1952年から超音速旅客機(SST)の設計に取り組んできており、250人乗りで、マッハ2.7から3.0程度の速度で大西洋を超えて輸送するという計画であった。その当時、コンコルド(Concord)の計画は100人の乗客をマッハ2.2で飛行する計画であり、アメリカの計画がいかに大きな物であるかがうかがえる。しかし、1971年5月に環境問題や経済性の面で計画は中止となった。中止の大きな要因の一つは、当時就航していたB747の大量輸送時代に対応することが航空業界の趨勢でもあり、Boeing 2707は航空輸送の主役を勝ち取ることはできなかったことである。


北米大陸で唯一現存のComet Mk.4C

本機は1959年10月31日にメキシコ航空向けの初のジェット・ライナー(レジ:XA-NAR)としてデリバリーされ、1960年7月4日よりメキシコシティからロサンゼルスの定期運行に投入された機体であった。1970年までメキシコ航空で運行したが1972年になるとウエスタン・エア(Western Air)に売却され、レジもN888WAへと変更され、1978年以降はチャーター会社であるレッドモンド・エア(Redmond Air)に売却された。 その後、航空管制機器のアップグレードも施されたが、1979年7月の時点でそう飛行時間が27,065時間、英国のデ・ハビランド(De Havilland)社で製造されて18年の歳月が経過し、アメリカ連邦航空局(FAA)の飛行承認が取得できず放置され、1984年にEverett Community Collage`s Aviation Maintenance Technician Schoolで教材として保管された。しかし、十分なメンテナンスができず、機体は腐敗を始め1995年にここに運び込まれた。20年にわたり修復がされ、コックピットを始め客室内装も当時の輝きを取り戻した。

外見はまだまだ未完成の部分が多いが、今後の修復の進捗も注視していきたい。


<訪問のためのインフォメーション>


The Museum Of Flight

Restoration Center & Reserve Collection

Paine Field, Everett WA U.S.A.


所在地 :‪At Paine Field 2909 100th St. SW, Everett, WA 98204

電話番号:425.745.5150

Web sight:

https://www.museumofflight.org/Explore-The-Museum/Aircraft-Restoration


開館時間 :09:00-16:00 月曜と火曜日が休館

入場料 :ハンガー内入場の場合大人$5、 子供$3(5-17歳)  (**2018年11月現在)


◽️掲載誌:月刊エアライン 2019年2月号 / イカロス出版


<Information for visit>


The Museum Of Flight

Restoration Center & Reserve Collection

Paine Field, Everett WA U.S.A.


Location: At Paine Field 2909 100th St. SW, Everett, WA 98204

Phone number: 425.745.5150

Web sight:

https://www.museumofflight.org/Explore-The-Museum/Aircraft-Restoration


Opening Hours: 09: 00-16: 00 Closed on Mondays and Tuesdays

Admission: Adults $ 5, children $ 3 (5-17 years old) (** as of November 2018) for admission inside the hanger


◽️ Published Magazine: Monthly Airline February 2019 / Ikaros Publications Co., Ltd  



Selling My Pictures
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic