The Amicale Jean-Baptiste Salis Flying Museum in FranceLa Fête Aérienne 2018

パリ、南の郊外(50km)に広がる南エソンヌ地方の牧歌的な丘陵地に位置する小さな町、Cerny(チェルニー)にあるAerodrome de Cerny の航空博物館では毎年5月に航空祭が開催される。

今年は第一大戦終戦後(1918年)から100年の記念として“Des Temps Des Hélices “(プロペラの時代)と銘打ったイベントが5月19日、20日の両日に開催された。 新緑が美しいこの時期、快晴にも恵まれ2日間で延べ45,000人観客が押し寄せた。


底抜けに楽しめる!

フランスを代表するFlying博物館


 第1次世界大戦時のフランス軍パイロットであったジャン=バティスト・サリ(Jean-Baptiste Salis)は1933年にこの地、La Ferté-Alais(ラ・フェルテ・アレー)に飛行場を建設した。1937年から収集し始めた1919年製のブレリオXIを含むプロペラ機など数十機を復元したのが航空博物館としての出発点であったと言われており、現在は彼の子孫2代で継承され運営・管理されている。

映画の撮影に飛行場そのものが利用されたり、航空機を貸出ししたりしながら博物館や飛行機用設備などを整備し、現在に至っている。

 同イベントでは、航空機創世記から第一次世界大戦、第二次世界大戦からベトナム戦争、そして冷戦時代から近代航空機までという大きなプログラムで構成され、70機以上の航空機が大空を舞うのがこのイベントの醍醐味である。航空機が飛び上がれば、観客に対して、その航空機の性能、利用目的と活躍秘話などがマイクを通じて解説され、1日で航空機の歴史を学ぶことができることが航空機フアン以外の一般来場者を取込む魅力の一つでもある。

オープニングフライトは、Morane Type H(F-AZMS)とBleriot XI2(F-AZPG)が優雅に飛行を繰り返し、その後、第一次世界大戦中のエースの誕生として、Fokker DR.1とJunkers CL1との空中戦。また、第二次世界大戦での真珠湾攻撃を再現したトラ・トラ・トラのショーでは7機編隊のNorth American T-6Gと零戦に扮したT-6G対Curtiss P-40との空中戦、ヨーロッパ戦線での再現ではSpitfire Mk. FR XIVとメッサーシュミットBf-109(Hispano HA-1112-M1L Buchon)との空中戦はまさに映画の世界(空軍大戦略/Battle of Britain)を彷彿させ魅了させられる。

さらには100周年を記念として世界で1機しか存在しないオリジナルSpad XIIIの飛行では大きな歓声と拍手が会場から湧き上がる。観客と航空機がシンクロした瞬間を見ることができるのもこのイベントの特徴である。

イベントの締めくくりではフランス空軍Patrouille de France(パトルイユ・ド・フランス)とEuro Fighter(ユーロファイター)の展示飛行まで、ノンストップで繰り広げられる空のページェントに観衆の興奮は頂点に達した。

航空祭Webサイト:http://www.ajbs.fr/


◽️掲載誌:月刊Jwing 2018年8月号 / イカロス出版


Ticket booking « le Temps Des Hélices » 202, PRE SALES ONLY: purchase your tickets using the Weezevent module at the bottom of this page and don’t forget to print them.

Ticket prices (For ONE day. Car park included)

CATÉGORYPRICEAdult (out of special discount) (including the access to the Static display)34,00 €Children (10/16) (including the access to the Static display)15,00 €Children (-10) (including the access to the Static display)GratuitChair (to be booked on site at the chairs aera)8,00 €Camping cars badge for 2 days : exclusively on site (tickets for the Airshow must be purchased in advance on line for the 2 days)

—>Arrivals only on saturday morning from 7 am40,00 €Groups (from 20 people)Contact « AJBS office »

01.64.57.55.85 (bureau@ajbs.fr)

Important Informations

Access to the car park will be granted from 7am on 28th and 29th of August

Static display opens from 9am to 12:15am Flying display from 12:50am to 6:30pm

To limit contacts in this Covid-19 period, and also to maximize traffic flow to the airfield, no ticket will be sold on site !

Only spectators who have acquired tickets in pre-sales will be able to access the platform! The only exception: tickets for Camping cars can be purchased on site from the morning of August 28 from 7am

For the camping cars : due the closure of the field, no arrival will be permitted on Friday (sorry about that but it’s a Covid restriction)

COMPULSORY HEALTH CONDITIONS (from 11 years old)

from august 8th, new less restrictive sanitary rules are in place for Le Temps des Hélices Airshow

  1. Valid European Certificate with 2D-DOC or Proof of a negative PCR test less than 72 hours old

  2. Medical mask highly recommended in all the zones

  3. Id card is recommanded, random checks would be done

For non UE residents or any information relative to COVID-19, please refer to the French government website: https://www.government.fr/info-coronavirus


Selling My Pictures
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic