Technik Museum Speyer, Germany

ドイツのラインラント=プハルツ州(フランクフルトから車で約1時間の距離)に展示面積が150,000を超えるシュパイアー技術博物館がある。敷地には2,000を超える自動車、航空機、鉄道が展示され、1991年にジンスハイム技術博物館の分館としてオープンし、航空機フアンならずとも家族で楽しめる乗り物のテーマパークである。 多くの展示物の中で一際目立つ高い場所(20m高)に展示されているのがLufthansa B747-230B / D-ABYMである。

ボーイング747-200型はPratt & Whitney JT9D-7エンジンを搭載し航続距離9,300kmまでの飛行が可能であり、その後の改良型エンジンでは11,000kmにまで飛行可能な航続距離延長型の機体であった。

旅客型の−200B型では上部(2階)客室デッキ(SUD)を伸ばし最大で16席が配置でき,また1972年にルフトハンザでサービスを開始した貨物型の-200F型は105tの容量が搭載できた。 さらにコンビ型(貨客混載)の-200M,コンパーチブル型の-200Cなど多彩な機種が生産されたことで大手航空会社からの引き合いが多かった。

シュパイアー技術博物館に展示されているこの機体は、1978年11月10日にルフトハンザが受領し、23年間に渡り世界の空を飛び廻り、2001年10月14日に引退、2002年3月にシュパイアー技術博物館に展示された機体である。

展示機内部は、当時の客室乗務員(キャビンクルー)の制服を着用したマネキンなど、飛行状態を再現した展示内容となっている。

客室窓から見える景色はあたかも飛行をしているかを錯覚するような、臨場感を味わえる欧州でも珍しい展示スタイルとなっている。


シュパイアー技術博物館

所在地 :Am Technik Museum 1, 67346 Speyer


開館時間:月曜日~金曜日 9:00-18:00、土曜日・日曜日・祝祭日 9:00-19:00

休館日 :12月25日、1月1日

入館料 :入場料 大人16ユーロ(IMAX DOME Filmtheaterとのコンビチケット21ユーロ)


◽️掲載誌:世界の747 2018年3月発行 / イカロス出版


Technik Museum Speyer


Location: Am Technik Museum 1, 67346 Speyer


Opening Hours: Monday-Friday 9: 00-18: 00, Saturdays, Sundays and public holidays 9: 00-19: 00

Closed days: December 25th, January 1st

Admission fee: Admission fee 16 euros for adults (21 euros for combination ticket with IMAX DOME Film theater)


◽️ Published Magazine: World of 747 March 2018 / Ikaros Publications Co., Ltd


Selling My Pictures
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic