Jet Airliner Technical Analysis

ジェット旅客機の誕生から70年。航空技術の進化は高速化・大型化・高効率化による発展もたらし、新型機の登場とともに人類の移動も革新を重ねてきた。 本書は世界で初めて就航したジェット旅客機デハビランド・コメットから、空の大量輸送時代をもたらしたボーイング747(ジャンボ・ジェット)、欧州とソ連そして米国が技術力を競い合った超音速旅客機、現代のボーイング777、787ドリームライナーやエアバスA380、A350XWBに至るまで、販売機数の多寡や日本における知名度を問わず、全57機種のジェット旅客機についてその開発ストーリーと技術的トピックを深く掘り下げ、分析していくものだ。 解説は「未完の計画機(1~3)」などの著書で知られる、航空評論家の浜田一穂氏。 本書では浜田氏による月刊エアライン連載「Jet Airliner Technical Analysis(2010年1月号~2013年12月号まで掲載)」の原稿に最新状況を反映した加筆・修正を行ない、掲載写真も新たに再構成をしてまとめた。また、連載時には取り上げていない新型機の737 MAX、A320neo、A380、787、747-8、A350XWBについては新規に浜田氏が書き下ろしている。

本書の写真の提供をさせていただきました。


◽️掲載誌:ジェット旅客機進化論 2021年9月30日発行/イカロス出版



Selling My Pictures
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic