Hermeskeil Aviation Museum(Flugausstellung Leo + Peter Junior)Hermeskeil, Germany

入口で入場券(9 euro)を購入し館内へと進む。先ず目に飛び込んで来るのは、旧ソビエト製(現、ロシア)、ドイツの警察で使用されていたカモフ(Kamow) Ka-26ヘリコプター。加えて多数のエンジンそして、技術的な解説を施したコックピットの構造などを学ぶことができ、屋内展示だけでも40機を超える航空機が展示されている。

今回のお目当ての機体は野外に展示されており長年の野外展示よる保存程度については心配であったが、良く整備(塗装)されており遠くから見る限りでは今でもエンジンがかかるのではないかと錯覚をするほどの良好な保存状態である。


L-1049G Super Constellation

ルフトハンザの航空史の中でコンステレーションの存在を忘れてはならない。コンステレーションの初飛行は1943年1月で、機内は与圧されて乗り心地が良く、速度性能は当時の旅客機としては550km/hを超えており、同じアメリカのダグラス社との激しい凌ぎを削っていた時代であった。当初、ルフトハンザはDC-6Bが自社の運行条件にあった次期民間機と考え、10機を発注しようとしたが、何故か、ダグラス社との契約交渉が合意に至らず、スーパーコンステレーションの発注となった経緯がある。

 ルフトハンザ向け最初の4機は1955年に引渡され、翌56年に4機が追加された。以後、ルフトハンザは1968年まで10年以上に渡ってコンステレーションを使用した。 この博物館で展示されているコンステレーション/D-ALINは1955年3月にルフトハンザへ引き渡され、その後、第二次世界大戦後の後処理で旧ソビエト(現、ロシア)に捕虜として抑留された兵士の引挙げにモスクワへ飛行した逸話のある機体である。その後1967年7月にリタイアし、1980年7月にこの博物館にて展示、現在に至っている。


Vickers Viscount

ビッカース バイカウント (Vickers Viscount) は、1953年に就航したイギリスの中距離旅客機で民間機としては世界初のターボプロップ機であり、全日本空輸(ANA)でも9機が導入され1969年まで鹿児島、宮崎、東京を結ぶ路線で活躍した。

欧州でも旅客機は、ピストン機の時代からタービン機の時代へ入り、ルフトハンザは長距離用のバイカウント814D(48席)を9機発注し、1958年ミュンヘン~ロンドン線に就航させた。やがて59年にはミラノ、ストックホルム、アテネ、バルセロナへの路線にも就航させ、ターボプロップ機の特徴を生かした高速性と安定した飛行で飛躍的にその輸送量を増大させた。この博物館に展示されているバイカウントは初期に導入された9機の内の1機、814D型で登録レジはD-ANAMである。

残念なことに内部見学はできないが、当時を彷彿させるルフトハンザのノスタルジック塗装が青空に鮮やかに映えた。


特別な体験

コンコルドのカフェで一休み

見所たくさん、広大な屋外展示場を歩くだけでも一仕事。ヨルダン政府のDC3、旧ソビエトの中距離旅客機Tu-134とIl-18,ダンエアのコメット、VC 10などなど….見学中に一息いれたい場合は同じ敷地内にあるコンコルドのカフェ(150席)をお薦めする。

ここに展示されているコンコルド/F-WTSAは木製のレプリカであり、この博物館の創立に携わったFlugausstellung Leo と Peter Juniorが製作した機体であり、実機よりも幅広に製作されており、コンコルドの独特な「窮屈さ」を感じない。機内ではコーヒー、ケーキやサンドイッチなどの用意があり、制服を着たキャビンアテンダントが笑顔で対応してくれる。マッハでの飛行は体験できないが、大いに気持ちが高ぶること間違いなしのカフェである。



<インフォメーション>

ヘルメスカイル航空博物館

Flugausstellung Peter Junior

Hermeskeil, Germany


所在地 :Habersberg 1, 54411 Hermeskeil, Germany

Webサイト : www.flugausstellung.de

Tel : 06503/7693

開館時間   :10:00~17:00

         4月1日から11月1日まで開館

入場料 :大人9Euro/子供5Euro  ※必ず旅券(パスポート)持参  ※2015年10月現在

アクセス :公共の交通機関を乗り継いで訪問できる土地柄ではなく、基本的には空港、駅からレンタカーを借りて訪れたい場所である。

・ ルクセンブルグ空港からアウトバーンA1で80km,車で約1時間の道のり

・ フランクフルト空港からマインツを経由してアウトバーンA66で170km, 車では約2時間の道のり

・ コブレンツ駅からアウトバーンA1で140km、1時間30分の道のり


◽️掲載誌:月刊エアライン 2016年2月号 / イカロス出版


<Information>

Hermeskeil Aviation Museum

Flugausstellung Peter Junior

Hermeskeil, Germany


Location: Habersberg 1, 54411 Hermeskeil, Germany

Website: www.flugausstellung.de

Tel: 06503/7693

Opening hours: 10: 00-17: 00

Open from April 1st to November 1st

Admission: 9 Euro for adults / 5 Euro for children * Be sure to bring your passport

* As of October 2015

Access: Basically, it is not a land that can be visited by connecting to public transportation.

It is a place you want to visit by renting a car from the airport or station.

1 80km on Autobahn A1 from Luxembourg Airport, about 1 hour drive

2 From Frankfurt Airport via Mainz, 170km on Autobahn A66, about 2 hours by car

3 From Koblenz station, take the Autobahn A1 for 140km, 1 hour and 30 minutes.


◽️ Published Magazine: Monthly Airline February 2016 / Ikaros Publications, Ltd

Selling My Pictures
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic