COVID-19 Emergency Report About European Aviation Crisis

3月の新型コロナ(COVID-19)の感染拡大から2ヶ月半が経過しようとしている欧州航空業界では長期にわたる運休により、その経営が緊迫度を増してきている。各航空会社は事業環境の正常化には夏以降も時間がかかると判断し、新規航空機の発注見直し、また既存航空機の売却や人員削減、政府からの融資などにあらゆる手を尽くしているが、先が見通せないビジネス環境なかで事業構造の抜本的な見直しも迫られている。


◽️掲載誌:月刊エアライン 2020年7月号 / イカロス出版


Selling My Pictures
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic